ゾビラックス

ゾビラックス

ゾビラックスは、性感染症の治療薬として有名な医薬品です。
主成分をアシクロビルとしている、経口抗ヘルペスウイルス薬です。

ヘルペスのほかに、帯状疱疹などに使われ、初期症状のうちに服用すると、症状を軽いうちに抑えることができます。
飲み薬のほか、同一成分の塗り薬や注射薬があります。

ヘルペスウィルスの細胞内で活性化し、DNAの複製を阻害し、増殖を抑えることで、口唇ヘルペスや性器ヘルペス、また帯状疱疹による症状の緩和、治癒を早めまた悪化を防ぐことができます。

ゾビラックスの商品詳細

ゾビラックスは、ヘルペス薬といえば「ゾビラックス」というほどに有名なヘルペス治療薬で、多くの医療機関でも処方されています。
ジェネリック医薬品も多く開発されています。

薬効時間が短いため、1日に5回程度服用しなければいけませんが、その効果は確かです。
有効成分のアシクロビルが体内に吸収されることで、疱疹やヘルペスの原因ウイルスを攻撃して増殖を防ぐので、症状が出たらできる限り早く服用することで、症状が軽くすみます。

ゾビラックスの服用方法

ゾビラックスは、症状によって用量が異なります。
必ず症状に合わせて服用量を増減させてください。

単純ヘルペス感染症治療の場合には、1回200mgを1日5回(起床から就寝まで、4時間毎を目安に)、5~10日間経口服用します。

みずぼうそう治療 の場合には、1回800mgを1日4~5回、5~7日間経口服用します。

ゾビラックスは、ヘルペスの予防治療にも使用することができますが、長期的な服用は推奨されていません。
できる限り長期的な服用は避け、初期症状があらわれたときにのみ服用するようにしてください。

ゾビラックスを服用しても、症状の緩和がみられない場合には、医師に相談してください。

ゾビラックスの副作用・注意事項

ゾビラックスは、規定の範囲内であれば、ほとんど副作用はないとされています。

しかしながら、ゾビラックスの副作用として、稀に下痢や吐き気などの胃腸症状、発疹などの皮膚症状、めまいや眠気、頭痛が報告されています。

ゾビラックス服用時に、違和感などを感じたら、ただちに服用を中止し、医師の診断を受けてください。

ゾビラックスは、薬の飲み合わせによっては、副作用がでやすくなります。
普段から服用しているお薬がある場合は、必ずかかりつけの医師に相談してから服用してください。

ページの先頭へ